こんばんは、ダイソン大好き、モーターヘッド滝川@マネテク!です。
自分で言うのもなんですが、「モーターヘッド滝川」、めちゃくちゃかっこいいですね(笑)!

さて、わが家の掃除機は、ダイソンのDC61です。

(過去記事)
・dyson(ダイソン)のコードレス掃除機、DC61がかなりいい | パソコンオタクになりたいw

DC61自体はハンディな掃除機なので、DC61とは別にリビングの床や廊下を掃除する時用にSANYOのエアシスという掃除機も一応あるのですが、すっかり出番がなくなって久しいです。
それはなぜかというと、オプションパーツを購入して、DC61を通常の掃除機として使っているからです。

2017-07-23-13-27-32

DC61にオプションパーツを組み合わせる、家中を掃除可能に

どういうことかというと、前述の通りDC61自体は単なるハンディタイプの掃除機なので、ちょっとしたところを掃除するのには適している一方で、家中の床を掃除する、というような用途には適していません。
そこで、以下のようなパーツを買い足すことにしました。

延長ロングパイプ

まずは延長ロングパイプ
意外と高いのですが、私が購入した時はもっと高かったです…。

モーターヘッド

DC61+ロングパイプだけでも気合を入れれば部屋中の掃除はできるかもしれませんが、やはりヘッドが大きくないとつらいので(笑)、後からこちらのモーターヘッドも追加購入しました。
これでDC61がDC62相当となります。

最近、モーターヘッドのカーボンブラシが止まるように…

これでかなり快適に家中の掃除ができるようになったのですが、最近、いつの間にかモーターヘッドのカーボンブラシの回転が止まっていることに気が付きました。
全く動かないというわけではなく、スイッチを入れてしばらく(数秒)は回ることもあるのですが、しばらくするとスイッチは押しっぱなしなのに一旦吸引が停止し、その後吸引自体は再開するもののモーターヘッドのカーボンブラシは回転しない、という症状でした。

2017-07-23-13-27-44

一旦スイッチから手を離し、またスイッチを入れるとモーターヘッドのカーボンブラシが回転することもあるのですが、やはりしばらくすると止まってしまう、ということの繰り返しで、それでもだましだまし使ってはいたのですが、さすがにしんどいなぁと思い、対処することにしました。

原因は接触不良

モーターヘッドのブラシ自体はタイミングによって回ることもあるという事実をよりどころに、機械的に故障しているわけではない、と問題を切り分け、接触不良かなにかで次第にモーターヘッドに供給される電圧が低下する等して必要な電圧が得られずにブラシの回転が止まる、ということではないかと仮説を立てました。
この仮説が正しいとすれば、怪しいのは本体からロングパイプを通ってモーターヘッドまでつながっている配線です。

モーターヘッドからたどってみると、ロングパイプを通った配線は、ロングパイプの手元側でこのように2つの凸になっています。

2017-07-23-13-28-21

これがどこに刺さるかというと、ゴミがたまる、取り外しができるダストカップの先の部分になります。

2017-07-23-13-37-07

そしてそこから辿っていくと、白と黒の配線がカップをグルっと半周しているのが分かります。

2017-07-23-13-36-44

そして最終的に、この金具がモーターヘッドを回すための電流を取り込んでいる箇所、ということになります。

2017-07-23-13-36-31

となると、この金具が当たっているところを特定して掃除すればいい、ということになるのですが、それがズバリ、ここです。
赤枠の中、指差しマークで示した2つの金具が見えますでしょうか。
この部分にホコリがつくので、これを掃除してあげるとよいかと思います。

62b7482e

パワフルな回転を取り戻す

実際に、この部分を念入りに掃除した結果、その効果はてきめんで、元気よくモーターヘッドのカーボンブラシが回転するようになりました。
同じような症状でお悩みの方は、ぜひ一度試してみてください。

今日のマネテクポイント

わが家もダイソンDC61を購入して3年位になりますが、まだまだ使い倒して、次はまたダイソンの掃除機を購入したいと思います!