こんばんは、マウス大好きマウス滝川@マネテク!です。

昔はパソコンのマウスやキーボードといった入力機器に関してはマイクロソフトの製品が最も優れていると思っていました。
実際に使ってみた感じでも非常に使用感は良かったですし、学生の頃は周りを見てもマイクロソフトのマウスやキーボードを使っている人がとても多かった印象があります。
なので、社会人になってもマウスもずっとマイクロソフト製品を愛用していました。

ワイヤレスマウスが必要に

その後結婚してリビングのテレビにパソコンを接続して使うようになったのですが、キーボードとマウスはコタツの上に置いて使いたかったため、パソコンから少し距離がある形になりました。
キーボードのケーブルは結構長かったので普通にコタツまで届いたのですが、マウスのほうはそこまでケーブルが長いということは無いので届きませんでした。
そこで、秋葉原のヨドバシカメラに行ってマイクロソフトのワイヤレスマウスを買うことにしました。

当時のレシーバーは衝撃的にでかかった

というわけで無事にコタツの上でパソコンができるようになったのですが、その時のワイヤレスマウスのレシーバーが今思い返すと衝撃的にでかかったです。

今現在のワイヤレスマウスのレシーバーと言えばUSBの差し込み口から申し訳程度に顔を出すようなかなり小さなものが普通だと思います。
比較的安価なワイヤレスマウスでもレシーバーは相当小さいです。

しかし当時のワイヤレスマウスのレシーバーはマウスと同じかむしろマウスよりも大きい位で、USBの差し込み口に普通に長いケーブルで接続して、レシーバー(受信機)を見通しの良いところまで引っ張り出してきているような形でした。

実際のモノをご覧下さい

だいぶ前に断捨離をしたときに捨ててしまったので今手元には無いのですが、インターネットで画像検索をしたところ当時使っていたものと同じタイプのレシーバーを見つけましたので画像を貼っておきたいと思います。

マウス+受信機

衝撃的にでかくないですか(笑)?

受信機

そして受信機から伸びているケーブル、長くないですか(笑)?

電池の持ちも飛躍的な伸び

ちなみにマウスは単3電池が2本必要で、わりと頻繁に電池がなくなりました。
今時のマウスは単3電池1本で年単位動くのが普通だと思いますので、こういったあたりも地味に進化していると思います。

まとめ:どんどん便利になります

こういったものを思い出すと、やはりパソコン関係のハードウェアの進化と言うのは非常に早いものがあると感じます。
最近は文字入力もかなり音声入力でできるようになってきていますし(この記事も音声入力で書いています)、今後もどんどんパソコンを扱う環境というのは変化していくのではないかと思います。
どんどん便利になっていくことに期待したいですね。

おまけ:ジョージ滝川公認(笑)マウス

ちなみに今現在私が愛用しているマウスはこちらです。
マウスクリックでカチカチいわないのがお気に入りです。