こんばんは、iPhone大好き、iPhone滝川@マネテク!です。

iPhone 8を予約開始日に予約し、発売開始日に無事ゲットすることができました。

(過去記事)
・iPhone8が到着!開封の儀 | パソコンオタクになりたいw

データ移行に着手

さっそく、それまで愛用していたiPhone 6SからiPhone8にデータの移行をすることにしました。
手順的には、iPhone 6Sのバックアップを取得し、そのバックアップを使ってiPhone8をセットアップする、ということになります。
まずはiPhone 6SのデータをiTunesを使ってMacにバックアップすることになります。

未知のメッセージに遭遇

ところが、「iPhoneがコンピュータから取り外されたため(中略)バックアップできませんでした」というポップアップメッセージが表示され、iPhoneのバックアップが取得できませんでした。
これまでも定期的にiPhoneのバックアップを取得していましたが、こういったメッセージが出たのは初めてです。
当然ながら、バックアップが取得できないと移行自体も進まないので困りました。

ライトニングケーブルを交換

まずは、エラーメッセージの言葉の通り、接続状態を維持できなくなっていることを疑い、ライトニングケーブルをiPhone8に同梱されてきた新品に交換してみましたが、全く改善されませんでした。

既存のバックアップデータを削除

次に、既存のバックアップデータが悪さをしている可能性があるということでバックアップデータを削除してバックアップなしの状態にしてから新規にバックアップを取得してみました。
しかし、これでも症状は改善しませんでした。

iTunesをバージョンアップして再起動

さらに、iTunesのバージョンを最新にバージョンアップした上で、MacとiPhone6S、それぞれを再起動して何回かやり直してみましたが状況は改善しませんでした。

サイズの大きいデータが悪さをしている?

インターネットで調べてみると、上記で試してみた原因の他に、サイズの大きいデータが悪さをしているケースがあるようなブログを見つけました。
ちなみに、1つのアプリで3ギガ以上のデータがあると症状が発生しやすいという情報もありました。

大量のデータを持っているアプリを特定してデータを削除

さっそく、手元のiPhoneを調べてみるといくつかのアプリで大きいデータが残っていました。
アプリでどれぐらいのデータを使用しているかはiPhoneの「設定」→「一般」の中にあるストレージの使用容量から確認することができます。
ちなみに今手元のiPhone8で見たら、「iPhoneストレージ」に名前が変わっていました。
たぶんiOS11で変わったのだと思います。

というわけでそれらのアプリのデータを削除することにしました。
具体的には、Amazonの「Prime Video」で端末にダウンロードしてあった映画を3本削除したり、「GoodReader」に保存されている動画を削除したり、といったものです。

Amazonプライムビデオの映画は新しい端末側で再度ダウンロードすればいい話ですし、GoodReaderに保存されている動画も、必要なものがあれば一時的にWi-Fi経由でPCに保存して、新しい端末側に同様にWi-Fi経由で転送すれば済む話です。

(過去記事)
・Amazonプライムビデオを利用してみたらかなりいい感じだった件:マネテク!

写真や動画の容量を管理するならGoogleフォト

ちなみに、iPhoneだと一般的には写真や動画の容量が大きくなっているケースが多いのではないかと思います。
私の場合は、Googleフォトを使ってiPhoneで撮った写真や動画を全て自動的にバックアップするようにしているので、端末側に保存されたデータは写真や動画のデータは定期的に全て削除するようにしています。
Google フォトを使うとiPhoneの空き容量を適切な水準に維持することができると思いますのでぜひ試してみてください。

(過去記事)
・Googleフォトがめちゃくちゃ便利な件 | パソコンオタクになりたいw

まとめ:サイズの大きなデータ削除で無事復旧

というわけで、あくまで私の場合、ということではありますが、データを削除して再度バックアップを試みると、無事バックアップが取得でき、iPhoneの移行進めることができました
というわけで、同じようなトラブルに遭遇してにっちもさっちもいかなくなった場合には、大きなデータが保存されていないか確認してみてください。

今日のマネテクポイント

デジタルデータは物理的な場所をとらないので断捨離せずにどんどん突っ込んで後で検索すればいい、というのが私の基本的な考えですが、やはり、無駄なものは極力削除しておいたほうがいいような気がしました。