こんばんは、マイレージ・クレジットカード好きのジョージ滝川です。

秋と言えば読書の秋ですね。
先日、「楽天1円オークションの入札を効率化するテクニック」を紹介しましたが、今回はこのテクニックと同様にFireFoxとGreasemonkeyを使ったテクニックを紹介したいと思います。

さらに得するマイレージ・クレジットカード情報をblogランキングでチェック


そのテクニックとは、管理人が住む川崎市の市立図書館を利用するのにとても便利なテクニックです。

管理人は、以前は結構よく本を読んでいて、通勤の時間はほとんど読書に充てていたのですが、ここしばらくは通勤中も携帯でニュースを見たりとほとんど本を読まなくなってしまっていました。
しかし最近、急遽「やはり、本を読まなくては!」と読書の重要性を認識しました。
特に、仕事(本業はSEです)の知識については実際の仕事を通じて得られる知識だけでなく、基礎となる知識を幅広に身に付けておかなくてはもう一歩のステップアップは厳しいのではないかと感じました。
それ以外にも、いろいろな分野の知識を身に付けたいと思っています。

というわけで、たくさんの本を読みたいのですが、読みたい本を片っ端から買っていてはお金が足りませんし、管理人の狭い家では置き場所もありません。
そこで、図書館で本を借りることにしました。
管理人が住む川崎市の川崎市立図書館は、Webからの予約も可能ですので、読みたい本があれば家から予約して借りられるようになればメールで通知してもらうことができます。

ただし、川崎市立図書館の場合、予約できる本の冊数は最大で10冊までと制限されています。
人気のある本は何十人も予約が入っているので、人気の本ばかり選ぶと10冊の枠はあっという間に使い切ってしまいます。
ですので、管理人の場合は、5冊はすぐ読める本(予約人数が0~1人の本)、もう5冊は待っても読みたい本、という感じで予約を入れています。

そこで問題になるのが、待っても読みたい本の5冊をどのように選ぶか、ですが、管理人が参考にしているのはオンライン書店amazonのカスタマーレビューです。
実際に読まれた方のレビューを参考にして、これは、というものを予約しています。

さて、実はここからが本題なのですが、FireFoxとGreasemonkeyを使うことで、amazonの検索結果から直接川崎市立図書館の予約ができます。

mileage1

上の画像の通り、amazonで書籍を検索するとamazonの在庫状況等の情報と並んで、川崎市立図書館の蔵書が何冊あるか、うち貸出中が何冊か、予約は何件入っているかが表示されます。
この時点で「蔵書なし」の本は予約候補から外れますし、予約件数も分かりますので効率的に予約をすることができるわけです。

肝心のGreasemonkeyスクリプトは下記のブログで公開されています。

・Amazonに川崎市立図書館のリンクを追加するGreasemonkeyスクリプト – yellowback’s blog

Firefoxのダウンロードとインストール、およびGreasemonkeyのインストールは過去記事が参考になるかと思います。

・楽天1円オークションの入札を効率化するテクニック

ちなみに、ちょっと検索してみたところ、品川区や世田谷区など、他のの図書館でも同様のGreasemonkeyスクリプトが公開されているようです。
「地域名 図書館 Greasemonkey」あたりで検索してみるとよいかもしれません。

というわけで、読書の秋、図書館がオススメです。

メールマガジン「週刊マイレージニュースヘッドライン」配信中!
無料購読の申込・解除はこちらから → まぐまぐ melma! 独自配信
※まぐまぐやmelmaからのメールが不要な方は「独自配信」での登録をオススメします。

さらに得するマイレージ・クレジットカード情報をblogランキングでチェック
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・Amazonに川崎市立図書館のリンクを追加するGreasemonkeyスクリプト – yellowback’s blog
・amazon
・川崎市立図書館トップページ

関連記事
・楽天1円オークションの入札を効率化するテクニック

(money_tec)