こんばんは、ジョージ滝川@マネテク!です。

先日GmailとiPhoneを使って最強のメール環境を作るテクニックを紹介しましたが、さらに便利に使うためのテクニックをお届けしたいと思います。


前回の記事では、Yahoo!メールからGmailへ過去のメールを移行する方法までご紹介しました。

結局、このGmailのアドレスをiPhoneに設定してあげれば、過去のメールも含めて全てのメールをiPhoneで読める、という夢のような環境が実現できる、ということになります。

そして今回は、さらに便利に使うテクニックを紹介したいと思います。

と、その前に、Yahoo!メールからGmailへ、すべてのメールの移行が完了したら、Yahoo!メールに転送設定をしておきましょう。

メール転送

転送先にGmailを指定しておけば、Yahoo!メール宛に来たメールは全て
即時Gmailに転送されるようになります(POPアクセスだと1時間に1回程度しか取り込みをしません)。

なお、Yahoo!メールでセーフティアドレスを使っている場合、セーフティアドレス宛のメールもしっかり転送されますのでご安心下さい。

ちなみに、セーフティアドレスというのはYahoo!メールが提供している、いわゆるサブアドレスのサービスでネットショッピング専用のアドレスを作ったりと、なかなか便利です。

セーフティアドレス

でも、この点でもGmailの方が使い勝手がいいですね。
Gmailでは、アドレス内に「.」を入れたり、ユーザー名の後に+に続けて文字列をつなげることで、無限にアドレスを作り出して1つのメールアドレスでチェックすることが可能です。

例えばgeorgetakigawa@gmail.comというメールアドレスの場合、
george.takigawa@gmail.comでも
テスト1

g.e.o.r.g.e.t.a.k.i.g.a.w.a@gmail.comでも
テスト2

georgetakigawa+shopping@gmail.comでも
テスト3

georgetakigawa+business@gmail.comでも
テスト4

どれもgeorgetakigawa@gmail.comに届きます。

さらに、Gmail側で、宛先アドレスによるフィルタ設定をしておけば、例えばgeorgetakigawa+shopping@gmail.com宛に来たメールは自動的に「shopping」のタグをつける等、用途に合わせたタグ付けが出来て便利になります。
フィルタを作成
ラベルをつける

さて、これでほとんどYahoo!メールと縁が切れたと思いますが、念のため実施しておきたい設定があります。
それは、送信メールアドレスの設定です。

これもYahoo!メールにもある機能なのですが、別のメールアドレスからメールを発信することができる機能です。

Gmailの設定画面から、「アカウントとインポート」の設定で、「別のアドレスからメッセージを送信」ボタンを押して送信メールアドレスの追加をしておきましょう。

別のアドレスからメールを送信

追加したアドレス宛に確認のメールが飛びますので、メール内のリンクをクリックするか認証コードを入力すれば簡単に設定が完了します。

これで、Gmailの画面上で、Yahoo!メールのメールアドレスを送信元としたメールを発信できるようになりました。
ここまですると、Yahoo!メールとは完全に縁が切れると思います。

ちなみに同様に他のGmailやlivedoorメール、さらには携帯電話のアドレスからのメールもGmailからまとめて発信可能です。

かゆいところに手が届いていると思うのは、例えば携帯電話宛のメールを転送設定しておいてGmailで受信した場合、そのメールに返信しようとすると、送信アドレスの追加さえしてあれば自動的に受信したアドレスから返信しようとしてくれることです(もちろん設定を変えることで常にメインのアドレスから返信する等も可能です)。

はっきり言って、Gmail便利すぎです。
無料で利用できる意味が分かりません(笑)。

というわけで、次回はPC上に保存されている昔のメールをGmailに移行する方法を紹介します。

関連リンク
・Gmail: Google メール

関連記事
・全てのメールはGmailに集まる
・全てのメールはGmailに集まる(2)
・全てのメールはGmailに集まる(3)
・全てのメールはGmailに集まる(4)

(money_tec)