こんばんは、クラウド大好き、
クラウド滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

今更感たっぷりですが、AppleのiCloudは便利ですね!

一応愛用のiPhone4をiOS5にアップデートした際に登録はしていたものの、
今まで特に活用することもなく来たのですが、
今更ながらに写真共有が便利だということに気づきました。

iCloudまもなく... https://www.icloud.com/
iCloudまもなく… https://www.icloud.com/ / amadeusrecord


具体的な使い方としては、ブログで使うための写真を
iPhoneで撮るようなケースで威力を発揮します。

今までであれば、写真を撮ったらメールで送るか、
USBケーブルでiPhoneをPCに接続して画像ファイルをコピーするか、
という感じでした(基本は前者のメールでした)。

しかし、iCloudを使えば、写真を撮るだけで勝手にPCと同期してくれます。
これは何気に便利です。
たぶんですけど、Eye-Fiと同じような感じだと思います。

というわけで、当初は管理人のメインPCである、
WindowsXPのノートPCで同期させようと思ったのですが、
なんと、WindowsXPは対象外で、Windows Vista、もしくはWindows7でしか
動かないそうです。

仕方がないので、自宅のリビングでTVにつながっている
Windows7のPC(諸事情により常時電源ON)と同期させることにしました。

で、同期させるための手順です。

WindowsPCにiCloudをインストールする手順

まずはこちらにアクセス。

・アップル – iCloud – あなたのすべてのデバイス上でiCloudをセットアップする方法。

こっちに飛びます(最初からこっちでもOKです)。

・iCloud Control Panel for Windows v1.1

右上の「Download」をクリックしてインストーラーをダウンロードして実行すれば、
インストールが完了します。

あとは設定すればオーケーです。
写真の保存場所はインストール時に指定することができます。

ちなみに、iCloudのコントロールパネルは、
スタートメニューから設定→コントロールパネル→ネットワークと共有センターと開くと
左下にひっそり「iCloud」として佇んでいます(管理人の環境の場合)。
写真の保存場所を変更したり、iCloudの利用を停止したりはこちらから可能です。