こんばんは、宅録大好き、
自宅録音・滝川@~マイレージ・クレジットカード~ マネーテクニック!です。

先日Logic Pro9を購入したことを書きましたが、
概ねデータの移行も終わり、新しい音を録音する段階にきたので、
オーディオI/Fを購入することにしました。

(過去記事)
・Logic Pro9


当初は、ROLAND DUO-CAPTURE EX UA-22を買おうと思っていました。

しかし、気が変わって、STEINBERGのUR22を購入することにしました。

【在庫あり/即出荷】STEINBERG UR22 スタインバーグ

【在庫あり/即出荷】STEINBERG UR22 スタインバーグ
価格:14,800円(税込、送料込)

仕様的な部分ではサンプリング周波数が48kHzと192kHzの差がある以外、
実質的には大差ないと思いますが、重さはなぜかUR22の方が倍以上重いです(笑)。

————-

というわけで、上の文章を書いた直後、UR22を購入しました。
MacBook Air 11インチ+Logic Pro9+UR22という組み合わせですが、
とりあえず問題なく使えています。

最初、ギターがとてもノイジーで、これは使いものにならない、
と思ったのですが、どうもケーブルが悪かったようで、
グリグリっとプラグを回したらいい感じになりました。
それでもインプットのゲインを上げていくとそれなりのノイズは乗りますが…。

以前使っていたWindowsXP+SONAR3.11+BCA2000という
環境と比べると、若干ではありますがノイズを感じるような気がします。
この辺はケーブル等試行錯誤の余地はありそうです。

というわけで、UR22、使いこなしていきたいです!