こんばんは、Wi-Fi大好き、
電波滝川@マネテク!です。

いやぁ、今やWi-Fiのない生活は考えられない、というくらい
Wi-Fi電波の飛び交う世の中になりましたね。

中には、野良無線LANなどと呼ばれる無料開放されたWi-Fiもありますが、
中には危険なものもあるようです。

medium_2456767724
photo credit: Mosieur J. [version 8.0] via photopin cc


・海外フリーWi-Fiスポットの危険 (web R25) – Yahoo!ニュース

海外フリーWi-Fiスポットの危険

出張中や移動中に重宝するフリーWi-Fiスポット。しかし、こうしたスポットで利用者の個人情報が盗まれるケースが増えてきている。なかでも海外は危険性が高いとか。具体的にどのような被害が起こり得るのだろう?

「悪意を持った利用者がフリーWi-Fiスポットにいると、自分のインターネット上の通信をすべて見られてしまう可能性があります。簡単なツールを設置するだけで、同じスポットにいる利用者のパソコンとWi-Fiのアクセスポイントの間の通信を横取りして、内容を傍受することができるのです。そうなると、利用者のIDやログインパスワードが盗まれてしまうおそれがあります」

「特に海外では、フリーWi-Fiスポットの範囲内に紛らわしい名前のネットワークを作り、利用者のアクセスを待つ『なりすまし』も多いですね。接続先のネットワーク名をよく確認してから接続しましょう。聞き慣れないネットワークに接続するのは避けるべきです」

“利用可能なワイヤレスネットワーク”として表示された中から、ネットワーク名をよく確認せずに接続すると、このような「なりすまし」の餌食になってしまう可能性がある。

フリーWi-Fiスポットでの犯罪は、被害者が気付かぬまま情報を盗まれているケースが多い。細心の注意を払って利用することが大切だ。

海外旅行であれば、モバイルWi-Fiルーターをレンタルするのがオススメです。

管理人も昨年香港へ旅行した際に初めてレンタルしましたが、
めちゃくちゃ快適で便利でした。
コストパフォーマンスも高く、正直、レンタルしない理由がないのでは?
というレベルで便利です。

(過去記事)
・海外旅行でモバイルWiFiルーターをレンタルしていくメリットとは?:マネテク!

唯一の懸念を挙げるとすればバッテリー切れくらいですが、
管理人も愛用しているこのバッテリーを持って行けば安心だと思います。
ちなみに管理人の場合、国内、海外問わず旅行の時は必ず持って行きます。

…と思ったら、なんか後継機種が出てました。
安いし、おしゃれになっていて、いい感じです。

さらに、管理人の場合旅行だけでなく、
日常生活でもモバイルWi-Fiルーターを活用しています。
国内旅行でも使えますし、めちゃくちゃ便利です。

この辺は今度改めて記事にまとめてみたいと思います。