こんばんは、Nexus7大好き、ネクサス滝川@マネテク!|ANAマイルの貯め方です。

なんかどこぞの高級車みたいな雰囲気ですね(笑)。

さて、最近は紙の本を読む機会が多く、Nexus7の存在をすっかり忘れていた今日この頃ですが、久しぶりにNexus7を引っ張り出してきました。

(過去記事)
・Nexus7の読書生活が快適な件:マネテク!

Macbook Airのサブディスプレイを物色

なぜかというと、愛用のMacbook Airのサブディスプレイ(サブモニター)としてNexus7が使えるのではないか、と思ったからです。
ディスプレイを2枚にすると、作業効率が44%上がる、という話をどこかで聞いたことがあります。

実は最近会社のPCのディスプレイを1,920×1,080のフルハイビジョン的なものに変えたところ、やはり画面が広い方が作業効率が上がると感じました。
なお、Macbook Air(11インチ、ちなみにmid2012)のディスプレイは1,366 x 768ピクセルです。

お手軽なサブディスプレイ=タブレット

当初はディスプレイを購入することも考えたのですが、やはり置き場の問題があり、別の選択肢を探していたところ、たどり着いたのがタブレットを利用したサブディスプレイです。

うわさのiDisplayを試してみる

この手の、タブレット端末をサブディスプレイ化するアプリはいくつかありますが、調べてみたところ一番評判のよさそうなiDisplayを試してみることにしました。

(参考リンク)
・iDisplay – Google Play の Android アプリ

まずはMacにアプリを追加し、続いてNexus7にもアプリを追加。
Mac用のアプリは無料ですが、Nexus7で利用するAndroid用のアプリは568円と有料です。

なんと失敗!

そしてMac側のアプリを起動してからNexus7でアプリを起動してみると、自動的にMacを認識してくれます。
さっそく接続してみたのですが、何度やってもエラーとなって、接続できませんでした。

しかし、払い戻し可能!

むだに568円を使ってしまった!と思ったのですが、改めてGooglePlayを見てみると、払い戻しというアイコンができていました。
とりあえず押してみると、先ほど払った568円が返金されました。

規約を確認してみたところ、2時間以内であれば払い戻しが可能だそうです。
相性等の問題で動かない可能性のあるアプリはもちろん、その他のアプリでも、気軽に試してみることができるのはありがたいですね!

Nexus7サブディスプレイ化計画進行中

Nexus7サブディスプレイ化計画は、別のアプリを使って実現する方針でいろいろ試しています。
今のところ、無料のSplashtop Extended Displayで表示までは成功したのですが、Nexus7側の表示領域がいまいち気に入らないので、別のアプリを探したいと思っています。

(参考リンク)
・Splashtop Extended Display HD – Google Play の Android アプリ

オススメのアプリをご存じの方は、ぜひコメント等で教えて下さい!