こんばんは、Windows大好き、Windows滝川@マネテク!です。

ご存知の方も多いと思いますが、Windows10への無料アップグレードの期限が7月28日に迫ってきたということで、アップグレードしてみました。

私のWindows環境はParallels Desktop上の仮想マシン

私の場合、MacBook Airを愛用しているのでWindows環境はParallels Desktop上で動くWindows7の仮想環境です。
メモリは1GBしか割り当てられていないのが悲しいところですが、一応問題なく稼動しています。

まずはアップグレードの前にバックアップを取るのがお約束ですが、仮想マシンを停止して、外付けHDDにコピーすればバックアップは完了です。
やはり仮想マシンはこの点が手軽でよいですね。

ISOイメージをダウンロード

そしていよいよアップグレードですが、今回は、たぶん一旦Windows7に戻すだろうという想定のもと(笑)、インストール用のISOイメージをダウンロードしておきました。
ダウンロードはこちらからできます。

(参考リンク)
・Windows 10

ISOを仮想ドライブにマウントしてアップグレード

Parallels Desktop上で稼働するWindows7で、マイコンピューターを開くとデフォルトで仮想ドライブが存在すると思いますので、ダウンロードしたISOイメージをマウントすると、自動再生のダイアログが出ると思います。
セットアップ用のプログラム実行を指定すれば、アップグレードの処理が始まります。
あとは画面の指示に従って進めるだけです。
適当なタイミングでPCを放置して寝たのですが、朝になったらきっちりWindows10になっていました。
認証も自動的に行われたようで、認証済になっていました。

Windows10の感想

Windows10の感想ですが、見た感じはWindows8っぽいです(使ったことありませんが(笑))。
レスポンスは若干遅くなったような印象もありましたが、逆に言えば大きな差はないです。
インターネットでWindows7とWindows10のパフォーマンスを比較しているサイトを見ると、Windows7とWindows10のパフォーマンスには差がない、つまり、Windows7を動かしているPC上でWindows10を動かしてもパフォーマンスは問題ない、ということのようです。

前述の通り、当初は一度認証さえしておけば無料アップグレード期間が過ぎても無料でWindows10を再度インストールすることができる、という話を聞いてWindows7に戻そうと思っていましたが、特に使用感に問題がないようであればこのままWindows10をチューニングしていきたいと思います。