こんばんは、DMMモバイルをiPhone8で利用している、DMMモバイル滝川@マネテク!です。

タイトルの疑問に対する結論ですが、ズバリ、DMMモバイルの低速モードでもYoutubeは視聴可能です!

というわけで、以下詳しく解説していきたいと思います。
you-tube-897421_1920 (1)

DMMモバイルのよい点

個人的には、DMMモバイルのよい点は以下の3点だと思っています。

・通信容量を使わない低速モードに簡単に切り替えられる
・低速モードでもバースト機能により結構快適に使える
・低速モード中でもテザリングできる、つまり通信容量を一切使わなくてもテザリングが可能

例えばGoogleマップをカーナビとして使う場合など、ずっと通信中なのでいわゆるパケ死してしまうのではないかとちょっと不安になるかもしれませんが、低速モードに切り替えておけば安心です(その上で、それほど通信容量は食わないみたいですが)。
もちろんカーナビとして使うのに必要な通信速度は、低速モードでも十分確保できています。

大量の通信が発生する動画再生は低速だと厳しい?

一方、YouTubeなどの動画閲覧は、大量の通信が発生するため低速モードだと厳しいだろう、という感触を持っていました。
かといって高速モードだと貴重な通信容量を一気に消費してしまいますので、結果的にスマホでの動画視聴は自宅などWi-Fiのある環境に限られていました。

Weekly Ochiai聞きたさに試してみると、成功!

そして、最近の家事中のBGMがYouTubeにアップされたWeekly Ochiaiになっているわけですが、とても面白いので通勤中にも聞きたいなぁと思い、試しに低速モードで再生してみることにしました。
定期的にバッファリングが走って途切れたりするかなぁと思っていたのですが、予想に反して特に途切れることもなく再生が継続されました。

画面を見ると、映像が粗かったりするので、再生の継続を優先して画質を調整し、通信量をコントロールしているようです。
Webサイトで画像を読み込む際に、最初粗い画像で表示され、その後精緻な画像になるみたいな感じでしょうか。
さすがGoogle、Youtubeです!
まぁ、画質が粗くても広告はちゃんと表示されますからね(笑)。

DMMモバイルの通信制限

なお、DMMモバイルでは、高速通信での通信制限はありませんが、低速通信については制限があります。
具体的には、低速モード(通信速度最大200Kbps)での直近3日間(3日前〜前日)の通信量が366MBを超えると、超低速モードに制限されるようです。
さすがにこの超低速モードではYoutubeの視聴は難しいかもしれません。

というわけで、通勤中など、スキマ時間にもWeekly Ochiaiを聞きまくっています。
惜しむらくは、オフィシャルのチャンネルがYoutubeにないので、誰かが勝手にアップロードした野良Weekly Ochiaiになっており、同じ回の動画が別ファイルとして複数存在したりする点です。
オフィシャルチャンネルにして広告でマネタイズした方がいいような気もしますが、このあたり佐々木編集長はどうなんでしょうか(笑)?

まとめ:Youtubeをラジオ代わりに使っている向きにはDMMモバイルの低速モードがオススメ

私の場合、元々家事中に「ながら聞き」するためにYoutubeを「聞いて」いて、その延長線上にあるため画質を求めてない(というかそもそも画面を見ていない)という点が勝因になっている気がします。
同じように、Youtubeをラジオ代わりに使ってる、というケースでは、低速モードを活用してパケット通信量、そして通信料金を節約するのがオススメです!

DMMモバイルのここがオススメ

格安SIMもたくさんありすぎてどこを利用したらいいのか分からない!という方も多いと思いますが、私がDMMモバイルを自信を持ってオススメする理由は、以下の通りです。

  • ・業界最安値をセールスポイントにしているので、競合他社が値下げするたびにDMMモバイルも値下げをし、常に業界最安値になっている。
  • ・通信容量を消費しない低速モードに簡単に切り替えて、通信容量(ひいては通信料金)を節約することができる
  • ・低速モードでもバースト機能(一時的に速度を上げる機能)により結構快適に使える
  • ・低速モード中でもテザリングできる(つまり通信容量を一切使わなくてもテザリングが可能)

ネットワークはDoCoMoなのでつながらないことはまずないですし、私がこの3年ほど使っている経験からは、速度も安定して出ています。

DMMモバイルの詳細・申込みはこちらから

格安SIMやDMMモバイルについてもっと知りたい、という方は、ぜひ以下のリンクからチェックしてみてください。

【DMMモバイル】業界最安値水準


今日のマネテクポイント

私が契約しているプランは毎月の高速通信量が3GBのプランですが、低速モードの切り替えを活用すると全然余裕で通信容量が余ります。
節約の手間を厭わない人には特にオススメだと思います(笑)。