こんばんは、Twitter大好き、ツイート滝川@マネテク!です。

(2018/3/26追記ここから)
この記事では「Twitterでどのクライアントからつぶやかれたか知る方法」として「ついっぷる」を紹介していましたが、「ついっぷる」が2017年10月31日にサービスを停止してしまいました。
まぁ、あまりもうからなかったんでしょうね…。

というわけで、「ついっぷる」に代わって利用できるサービスを探してみました。
結論から言うと、「CROWY」が良さそうです。

下の画像の通り、つぶやきの下のところの「from〜」のところでクライアント名が確認できます。
落合陽一先生は、iPhoneのアプリとかNewsPicksからつぶやいているのが分かるかと思います。
そして私はゆで卵の作り方をつぶやいてましたwww

09

(参考リンク)
・Crowy – Social Communication Dashboard

なお、私の場合、Windows環境で、「Tween」というデスクトップクライアント(アプリケーション)を利用することもあります(最近はめっきり利用しなくなりましたが…)。
この「Tween」を使うと現在でもどのクライアントでつぶやいたのか、クライアント名が表示されるようになっています。
アプリをインストールする、というのも一つの選択肢ではあります。
(2018/3/26追記ここまで)

少し前までは、Twitterの楽しみ方がよく分かっていなかったのですが、フォローを厳選することと、検索を活用してリアルタイムの話題や情報を調べること、を意識したらTwitterって本当に便利だなぁ、と思うようになりました。
経営はなかなか厳しそうですが、有料になったら絶対使わなくなると思うので、うまいことビジネスモデルを確立させて欲しいと思います。

AKANE072160504_TP_V

Twitterはいろいろなサービスから連携できる

さて、そんなTwitterはとにかくいろいろなサービスと連携が可能な仕組みになっています。
例えば、ブログを更新するたびに自動で更新をつぶやくとか、Instagramに投稿するたびにその内容をつぶやくとか、はてなブックマークでブックマークするたびにその内容をリンク付きでつぶやくとか、非常に多くのサービスと連携しています。
また、TwitterでつぶやくためのアプリもWebアプリやスマホアプリ等非常にたくさんのアプリが存在しています。
まさにプラットフォーム、社会インフラですね。

どのクライアントからつぶやかれたかは公式では不明

Twitterでは以前は公式Webサイトでもどのクライアント(サービスやアプリ)からつぶやかれたか表示されていたと思うのですが、現在は表示されていません。
一方で、どのツイートがどのクライアントからつぶやかれたのか、知りたいということもあるかと思います。
え?ないですか(笑)?
すみません、だいぶマニアックかもしれません…(笑)。

「ついっぷる」を使うとクライアント名が分かる

というわけで、Twitterでどのクライアントからつぶやかれたか知る方法です。

結論からいうと、私は「ついっぷる」を使っています。
ついっぷるにログインしてタイムラインを表示させると、via~という形でどのクライアントからつぶやかれたのかを判別することができるのです。

(参考リンク)
・ついっぷる|Twitterがもっとたのしくなる専用アプリ

なお、ついっぷる以外でも、いわゆる非公式のサードパーティー製のTwitterアプリを使うと表示できるケースがあります。
逆に言うと、公式のTwiterアプリではあえて表示しない仕様にしているんですよね…。
このあたりは、Twitterの、極力公式アプリを使って欲しい、という意図があるようです。

実際のクライアント名

ちなみに実際のクライアント名ですが、私の場合、以下のようなパターンがあります。

PCのTwitter公式サイト

via Twitter Web Client

2017-01-14_070659

PCのブラウザからつぶやいているケースです。

はてなブックマーク

via Hatena

2017-01-14_070739

はてなブックマークでブックマークすると同時にTwitterに連携しているパターンです。

livedoorブログ

via livedoor Blog

2017-01-14_070942

livedoorブログで記事を投稿するのと同時にTwitterに連携しているパターンです。

WordPress

via WordPress.com

2017-01-14_071002

WordPressのブログで記事を投稿するのと同時にTwitterに連携しているパターンです。
ちなみにTwitterへの連携に利用しているプラグインはJetPackですね。

(過去記事)
・ブログの更新情報をTwitterでつぶやく方法 | 人気ブロガーになる方法

IFTTT(Instagram連携)

via IFTTT

2017-01-14_071205

IFTTTで、Instgramへの投稿を写真付きツイートとしてTwitterに連携させています。
Instgramから普通にTwitterに連携することもできるのですが、その場合画像がリンクになってしまい、リンクをクリックしないと実際の画像が見えない、という状態になるためこうしています。
詳しくは、先日記事にしていますのでご覧下さい。

(過去記事)
・Instagramに投稿した写真をTwitterでもタイムラインに表示させる方法 | パソコンオタクになりたいw

まとめ:ついっぷるが何気に便利

というわけで、クライアント名によって(どこからつぶやかれたかによって)後続の自動化処理を分岐させる際など、ついっぷるを使ってクライアント名を確認すると便利かと思います。
また、ついっぷるは何気にその他にも便利な機能がいろいろあったりします。
私も現在は公式サイトを使っていますが、以前はこういったWebサービスや個別のクライアントなどを愛用していた時期もあります。
今回記事を書くにあたって調べていて、また使ってみてもいいかな、と思い始めました。
またいい感じのサービス等あれば紹介したいと思います。